あなたが中流家庭出身なら大学付属校はお勧めしない

アベノミクスでやや景気が改善しているとは言え、デフレが続く昨今、大学選び、就活、婚活住居選び、などでコスパを重視する傾向が強いようだ。
 
大学受験であれば仕事に困らない医者を、婚活であればダブルインカムが期待できる共働き志向の女性を、住居選びであればある程度資産性を保てる都内のタワーマンションを、という流れ。
 
そして大学受験をしないが故に特に英語や理系科目で受験組と差のつきやすい大学付属校は学費の高さとあいまってコスパが悪いのではないかと見る向きもある。
 
これはまったくもって事実だろう。
 
教育にコスパを求めるなら学費が大幅に安く、かつしっかりとした進学実績を誇る、都立高校、具体的には都立日比谷中学高校あたりの学校から国立医学部に進学するのが一番だ。
 
それではなぜ一部の層に大学付属校が人気なのだろうか。
スポンサーリンク

 

その前に、なぜ多くの親が子供に進学校に、その後できるだけ良い大学に行ってほしいと願うのか考えてみよう
 
端的に言えば将来お金を稼げるようになって欲しいからだろう。もう少し具体的にすると、年収1,000万円以上の職業に就くことがゴールになっていて、進学校のなかでも特に上位層にあたる医者や弁護士になれば、年収2~3,000万円も夢ではない。
 
もちろんこれはすごいことだけれど、それでも自分が働いて生活費を稼ぐという労働者スタイルであることに変わりはない。
 
一方、本物の資産家というのは考え方が全く異なる。
例えば、100億円の資産があれば実質利回り4%だとして毎年4億円の収入がある上、米国優良株や都内の一等地の土地であれば資産そのものも毎年105億円、110億円…と値上がりしていく。
 
こういう資産を持つ人達にとって年間百万円程度の学費は日々のお買い物で消費するのと変わらない金額で、子供がニートになるかもしくは医者or弁護士になるかで生じる数億円の生涯賃金格差も“我が子が幸せならどっちでも良いわ”という些細な金額にすぎない。
何しろ何もしなくとも毎年配当や家賃として入ってくる収入程度の金額なのだから、死ぬ気で勉強してさらにその後数十年も働いて稼ぐ必要性など感じるわけがない。
 
であれば、多少学力が低くとも、学習院小学校や慶應幼稚舎,青山小学校に入学してもらって同じような家庭の子と友達になってもらったほうがお互い仲良くなりやすいだろうし、嫉妬でいじめられることもないし、大人になったときに大きなビジネスに繋がるかもしれないということで都合が良いのだ。
 
逆に言えばそういう家庭の子供以外はどれだけ大変でも、中学受験、大学受験を通じて実力を身に着けたほうが将来の資産形成に大いに役立つだろう。中流家庭に生まれたのならその現実を直視して、できれば医学部、それがどうしても難しければ理系に進学してなんとか1代で資産家になれるように頑張っていこう。
スポンサーリンク